間脳は高次元脳

最終更新: 2019年2月8日

1月21日、「間脳=高次元脳」というテーマで塾生のためのステップアップ会を行いました。


「思いはエネルギー」「気は心」と言われます。

一般に、「気を放つ」「気を感じる」「気を使う」というと特殊な能力のように感じますが、「気持ち」「気分」「気配」「気心」「気性」という言葉が示すように、気は心を現していることが分かります。 そして私たちは、「このお店って明るい雰囲気よね」「あそこは陰気な感じがする」「あの人とは気が合いそうだ」というように、常に気を放っていますし、実は、様々な気を敏感に感じとっているのです。


間脳の松果体は、昔から三次元を超えた高次元からの気を受信する力があると言われてきました。 この高次元の気を間脳開花塾では「宇宙根源の光=天地正気(てんちせいき)」と言っていますが、ビッグバンから始まる宇宙出発の力のことを示しています。


天地正気は、天地大自然を生かす気です。そのエネルギーを受けるには、天地正気と同じ波動を放つこと、つまり「共鳴すること」がポイントになります。


天地正気も、私たちの間脳も「全てを生かそうとする気・エネルギー」です。私たちの間脳が私たちをひたむきに生かすように、私たちも「あるがままで他を生かす」ことで、天地正気を強く受信できるようになるのです!


年頭にふさわしく、宇宙まではばたく内容でした!








#宇宙 #大自然 #愛情 #ホルモン #無償の愛 #心 #気 #クリスタルボウル