間脳開花の集い

最終更新: 2018年7月11日

去る9月29日、日本教育会館 一ツ橋ホールにて、「間脳開花の集い~幸せ脳にスイッチオン~」を開催しました!

大勢の方が、北は北海道から、南は九州まで、駈けつけて下さり、ありがとうございました。


クリスタルボウルの演奏をされた"chaco"こと根本久子さんは、講演の中で、

ご自身がクリスタルボウルを始めたきっかけがお母様の病気を治したいという思いからだったこと、お母様が生前感じていたであろう足の痛みを根本さんはずっと感じておられたこと、そしてその痛みが嶋野との出会いによって癒されてしまったことを、熱く語って下さいました。

お母様は既に他界されておられますが、お母様への純粋な愛が、間脳を活性化していると強く感じた、お話と演奏でした。chacoさん、ありがとうございました♥


また、嶋野の講演は、「自然知能「間脳」が開く人類の未来」と題して、間脳開花するとどれほど素晴らしいか、また、日本がいかに間脳開花しやすい土台を持っているかについて、お話させて頂きました。


間脳は、体内を調和させ、バランスを保つ脳です。自然界も見事な調和とバランスによって成り立っていて、間脳も自然も、調和とバランスを求めています。この、自然界の調和を尊んできた民族が、私たち、日本民族です。私たちの中には連綿と「自然」「和」を尊ぶ遺伝子が受け継がれているということです。この素質は、21世紀、和を志向する「間脳」を活性化しやすい、大きな要素となっていて、世界に先駆けて間脳活性に恵まれ、調和の花咲く地球文明をリードする、重要な使命を担っているのが、日本なのです。

日本の若者は自己肯定感が低いという調査結果が出ていますが、私たちが、素晴らしい資質に誇りを持ち、間脳活性した「調和の使者」になっていくよう、道が準備されていると、確信しています。


最後にご登壇されたスペシャルゲストは、拙著でもご紹介させて頂いた金信東先生でした。

先生は既に間脳が開いておられ、ご病気もなく、声量も立ち姿も御年90歳とはとても思えないご様子でした。間脳と大脳の関係、間脳を開くために何が必要かを、とても分かり易くご講話くださり、アンケートでも先生の「自然体に感動した」というお声がとても多く寄せられました。


多くの方にご参加頂き、本当に感謝致します。

NPOとなり、間脳開花塾が大きく広がって、たくさんの方が笑顔になれるよう、進んでまいりますので、今後共ご支援のほど、宜しくお願い致します!

73回の閲覧