間脳活性瞑想

大脳は、イラつく、辛い、嫌だな、疲れたなどのネガティブな感情に

支配されやすく、それは、不安や恐怖などを認識する「扁桃体」

が影響しています。扁桃体が強く動くとストレスホルモンが体内に

放出され、心身への悪影響が出てきます。

このようなストレスを緩和する方法で、

今、世界的ブームとなっているのが、マインドフルネスや瞑想です。

このマインドフルネスや瞑想を深く理解するためにも、「大脳優位」から「間脳優位」へとシフトすることを、間脳開花塾ではお伝えしています。

 

私達は様々な不安や心配に駆(か)り立てられ、ストレスを感じながら、追い立てられるように生きる現実があります。次はこれをして、その次はあれと、先の事に気を取られ、今ある幸福を見失いがちです。

 

「間脳優位」を心がけると、今、目の前にある当たり前のことに感謝できるようになり、心が安らぎ、幸福感に満ちてきます。生きるという人生の質を向上させることができるようになります。