幸せホルモン「オキシトシン」

オキシトシンというホルモンの名前を聞いたことがありますか?

 

メディアでも紹介され話題となっていますが、オキシトシンは間脳から分泌されるホルモンで、幸せを感じさせてくれるホルモンです。

これまでオキシトシンは、お母さんが赤ちゃんを愛おしく感じたり、母乳を与えたりする時に放出されることがわかっており、母性愛を育むホルモンとして知られてきました。

しかし近年の研究では、他者との繋がりを感じる時、老若男女全てで分泌されていることが分かってきました。

目の前の困っている人に親切にした時、ふんわりと温かい気持ちになります。

この温かな気持ちのもとが「オキシトシン」です。

オキシトシンは絆を深め、幸福感をもたらしますが、さらにストレスや興奮を鎮めてくれます。

緊張を緩めて、温かな愛情で優しく包みこむように働くのです。

幸せホルモン「オキシトシン」は、ストレスを緩和してくれるだけでなく、心臓・血管・消化器などにも良い影響を与えることがわかっています。

様々な病気の原因となる活性酸素の無害化や、寿命と関係する遺伝子の修復にも関与しているのです。

この素晴らしいホルモンを生み出しているのが「間脳」です。

間脳を活性化することで、心身共に元気になり、幸せを感じやすくなります。

あなたの中の間脳がいかに素晴らしいかを知り、あなたの「幸せ」と「可能性」を感じてみませんか。